アンガーマネジメント「怒っちゃダメ」

「アンガーマネジメント」~キレちゃダメ~

参考文献: 「アンガーマネジメント」戸田久実(日本経済新聞出版)

皆様、こんにちは

今回はアンガーマネジメントについて書きたいと思います。

自分を含めて皆様の中にも、

何であんなこと言っちゃたかな~‼

あんなことしなきゃよかった‼

など怒りで失敗をしたことがある人が多いと思います。

しかし、怒りたくて怒るのではなく、

あの人としゃべってるとイライラしてくる!

あの職場に行くとイライラしてくる!

逆に

怒りをぶつけられてあの職場に行きたくない!

あの上司がいつもイライラしてて嫌だ!

など経験があると思い思います。

現代において、怒りと日常は密接に関わっていますよね?

あの徳川家康の遺言にも「怒りは敵と思え」と残しているみたいです(笑)

そのうえで少しでも怒りを抑える方法を解説していきたいと思います。

怒りで失敗しないために

・家族・友情・職場を「壊す」

感情の中でも最も強い攻撃性が強い=怒りですよね?

強い攻撃性(他者or自分)

言葉の暴力

職場などで人格を否定するような発言など

昨今、パワハラやネットでの誹謗中傷が問題になっていると思います。

他者だけでなく

自分に怒りが向けられるケースがあります。

自傷行為として

例えば、自分の髪の毛を抜いていします!

などや、過度な喫煙や飲酒も含まれています。

心理的安全性=生産性

上記のようなことがない方がいいですよね?

研究では

心理的安全性が保たれている職場は

圧倒的に生産性が向上することが分かっているみたいです。

・リーダーにこそ必要

上から下に伝染する

怒りの伝染力として

弱い者がさらに弱い者を叩く

上司→部下

家庭においても

家庭でも父親が母親を怒る→その怒りが子供に向く→その子供が幼稚園や学校で他の子供を攻撃する。

など負の連鎖が起こります

自分が生み出すもの

怒りは自分でコントロールできる

怒りはどう生まれるのか?

・「べき」という信念

これはこうなる「べき」という信念をみんな持っています。

例えば

後輩は先輩に挨拶するべき‼

遅刻してはいけない‼

先輩の電話には出ろよ‼

女性が料理をするべき

子供は早く寝ないといけない‼

常識・当然・当たり前 普通は

などは黄色信号ワードです。

個人差がある

時代・環境で変化する

・防衛勘定

自分の家族を悪く言われた

好きなアイドルを悪く言われた

などがあればムカつきますよね

怒りは二次感情

「一次感情」を見る

一次感情→悲しみ・困惑・虚しさ

例)好きなアイドルを否定されて悲しい→ムカつく「よし怒ろう」

一次感情防衛の為に怒りがある

腹立つな~ちょっと待ってなんでだ?

あ、尊敬している人に自分のことを否定されたから悲しいんだな。

だから自分を守るために怒りに変わったんだ。

こういう流れで怒りが生まれるようです。

怒りは近い存在にこそ強く出る=甘え

初対面の人には怒りは生まれないですよね?

毎日毎日一緒にいるのに何で俺の気持ち私の気持ちが分からないの?

例)部下・上司 夫婦

と思っちゃいます。

それではいよいよ対処法を紹介します。

とっさの対処法(短期的)

怒りにくいメンタルを一緒に作りましょう‼

怒りの後に理性が来るのが6秒後

許せない→6秒待ってください‼6秒の間に以下のことをしてください‼

①数値化 0~10点

0点→空が青いですね(笑)

10点→一生この怒りが消えない。激しい怒り。命に関わる。絶対許さない。

例)親友5人が俺抜きでパーティー。一次感情は悲しい、だが一人も死んでない。8点?いや、ボコボコに袋叩きに遭うよりはいい。お金も盗まれたわけではない。お金も肉体も無事。5以下かな?よし3です。

子供が大喧嘩しているのも、よくよく聞いたらくだらないことも多いですよね(笑)

私、ピンクのコップでジュース飲みたい~~~~~わ~~~~~~~~

何でそんなことで怒るの?みたいなことありますよね?

2~3点で怒っていることが多い

②合言葉 「何とかなる」「大丈夫」「大した事じゃない」

怒っているときに言いたくないですが、反射的に口に出してみましょう‼

③深呼吸 カウントバック100から3ずつ引く100→97→94、、、、

長期的な改善法

①記録(アンガーログ)

忘れないうちに、怒った日付と内容と点数を書く

冷静に(日付・場所・内容・点)

書くと何に怒るかがわかる

自分の「べき」がどこにあるのかがよく分かる

②分類(ストレスログ)

この図に当てはめてみる

③自己受容(サクセスログ)

自分を褒めてあげた事をメモ

できた事を書く

部屋の片づけした。甘いものを食べなかった。仕事を頑張った。など

自信と余裕があるかどうかが大切‼

スポーツ・睡眠も大切

自分の怒りをコントロールする方法は何となくわかりましたか?

しかし、他者が怒っている時は?相手の怒りは変えられない

大事なのは一次感情

相手はどんなことに怒っているのかを考えることが大切

怒りの土台の一次感情に寄り添う

相手の一次感情に共感してください

アドバイスではなく共感

怒りを怒りとして見ない‼大丈夫「何とかなる」

いかがだったでしょうか?

なかなか難しいと思いますが、一緒に頑張りましょう‼

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です