思い通りにならないと 暴れて攻撃的になる子への対応

思い通りにならないと暴れて攻撃的になる子への対応

皆様、、んにちは?おはようございます?

育児をしていると、こんな場面に直面することはありませんか?

 

子供が思い通りにいかないことがあると、

親をたたいたり、まわりの物を投げたり、

すぐに攻撃的になる‼

このようなことは、育児をしているママさん、パパさんなら必ず経験があると思います。

我が娘も嫌なことがあると僕をたたいたり、

物を投げたりします。

こんな時、僕自身、どのような対応をすればい良いのか?

なんて声を掛けたら良いのかいつも困っていました。

少し調べたので紹介していきます。

 

決定権を誤解している

子供は、自分がしたいと思ったらなんでもできるという考え方で、

その物事に対する決定権を他人がもっているとは思っていません。

そのため、「それは違う」と言われても理解できません。

すべてを自分で決めていいわけではないということは、

だいたい3歳くらいから気づき始め、5歳ごろにはかなりわかってくるはず。

もし小学生になっても、まだわからないようだと、さまざまな場面でトラブルが起きるで早めに対処する必要があります。

 

対処法

決定権がだれにあるかを教えることが大切です。

決定権がだれにあるかをきちんと教える必要があります。

「それはおかあさん、おとうさんが決めることで、あなたが決めることではありません」と、

はっきり伝えましょう。

もちろん、なにをしてあそぶか、どんな絵を描くかなど、

子どもが自分で決めていいこともたくさんあるので、

それと並行して伝えていきましょう。

くり返し伝えていくうちに、決定権の所在を理解し、

すべてを自分の思い通りにしていいわけではないことがわかってきます。

 

まとめ

参考になりましたか??

子供が間違ったことやしちゃだめなことをしている時は

子供に対して、「これは〇〇ちゃんが決めることじゃないよ」

「これはパパ、ママが決めることなんだよ」と伝えてみましょう。

こんなことを伝えても、初めは絶対に嫌がって親を叩いたり、物を投げたりするはずです。

しかし、子供も少しづつ伝えていくことで、わかってくるはずです。

のんびり子育てしていきましょう‼

 

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です