オリンピックに伴う祝日の変更まとめ五輪中止の場合はどうなる? 

オリンピックに伴う祝日の変更 まとめ 

五輪中止の場合はどうなる? 

 
 

 

皆さんこんにちは。

今回のテーマは「オリンビックと祝日」についてです。

 

よオリンピックが間近に迫ってきましたね!!

新型コロナウイルスの感染拡大になかなか歯止めがかからない状況が続いているが、

東京五輪開催に向けた動きは着々と進んでいる。

このまま開催される可能性は高いが、万が一、中止された場合は

“五輪仕様”で組まれている今年の祝日はどうなるのでしょうか??

 

オリンピック中止された場合、今年の祝日はどうなるの??

このまま開催される可能性は高いが、

万が一、中止された場合は“五輪仕様”で組まれている今年の祝日はどうなるのでしょうか??

 

結論からいうと、もし五輪が中止された場合でも、現在の祝日に変更はない。

 

これは昨年11月末に可決された特別措置法改正案によるもので、

もし祝日を再度変更する場合は、法案そのものを改正しなくてはならないからだ。

カレンダー通りに考えていれば問題ないのだが、

2020年の五輪中止時も勘違いして祝日に出勤したり、

サービスのシステムエラーが起こったりということが発生していた。

もし周りで勘違いしていそうな人がいれば、

さりげなく教えてあげるのが良いかもしれませんね(笑)

 

オリンピックに伴う祝日の変更 まとめ

 

東京五輪に際して国民の祝日が大きく移動している事は何となくご存知だと思いますが、

何が何処に移動したかまでは知らない人の方が多いのではないでしょうか。
まず、本来の祝日と移動先についてまとめてみました。

 

祝日名 例年(今年) 移動先
海の日 7月の第3月曜日(7月19日) 7月22日(木曜日)
オリンピック開会式の前日
スポーツの日 10月の第2月曜日 7月23日(金曜日)
オリンピック開会式当日
山の日 8月11日 8月8日(日曜日)
オリンピック閉会式当日


※8月9日(月)は振替休日

オリンピックは開催期間は7/23(金)から8/8(日)

以上が祝日の移動元と移動先の内容です。

 

10月の祝日はどうなる?

 

さて、ここで皆さんお気づきでしょうか。

 

本来10月は祝日としてスポーツの日が一つだけなのですが、

今年は7月23日に移動しているため、

10月は祝日がありません!!神無月ならぬ祝無月なのです!!(上手いこと言った!)

 

忙しくて祝日なんて関係ねーや!って方もいらっしゃると思いますが、これから暑い夏が始まりま
すので、仕事と休みのパランスをとって元気に乗り切りましょう!!

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です